無症候性甲状腺機能低下症

今日の世界では、まず問題が発生しています汚染と人の環境利用が不十分である。現代人は、自分自身について考える時間がなく、一見するとうつ病、疲労、不安などの「表面的な」症状には注意を払っていません。残念ながら、これは深刻な結果につながり、そのうちの1つは無症状の甲状腺機能低下症である。

この病気は、甲状腺の障害。他の疾患とは異なり、不顕性甲状腺機能低下症は、顕著な症状を示さないことがあります。そのような診断を検出して置くことは、実験室での研究の後でのみ実際の可能性があるように見える。手順のみ展開実験用血液検査の結果は:無症候性甲状腺機能低下症は、最も高い上昇甲状腺刺激ホルモン(TSH)、他の制御ホルモンのこのよう必ずしも診断低レベルで見出されます。さらに、甲状腺刺激ホルモンのレベルは、甲状腺内の任意の最小限の中断を示しており、いずれかの上昇または低下させることができます。

甲状腺の機能不全がより頻繁には男性よりもむしろ女性に見られ、原則としてホルモンの跳ね返り(妊娠、出産、閉経)の間に発症する。小児における無症状の甲状腺機能低下症はまれである。これらの生理学的特徴に基づいて、全国の以下の統計を観察する:80%が同様の診断で - 女性は20% - 男性。甲状腺は、他の体と同じように、一般的な環境要因と特に気候の両方の影響と変化に反応します。この身体の仕事に障害を持つ患者は、森林(針葉樹)の空気と海の気候の専門家、工場や企業から遠く離れた地域の清潔な空気の定期的な散歩をお勧めします。

この病気の人々の夏の熱でシェードでの滞在をお勧めします。また、甲状腺の正常な手術のためには、天然のヨウ素を豊富に含む食品の絶え間ない使用が必要である。農産物中のヨウ素含有量は土壌によって異なる。例えば、モスクワ地域で栽培されたブロッコリは、100gの製品当たり12μgのヨウ素を含有し、レニングラード地域のいくつかの地域では15μg/ 100gを含有する。

無症候性の甲状腺機能低下症はない明白な症状を有するが、この形態の甲状腺機能低下症の患者を長期間モニタリングすると、この疾患の徴候はまだ現れているが、5年の経過後ではないことが示されている。彼らは退職時代の女性にとって最も典型的です。

無症状の甲状腺機能低下症が同じように現れる単純な理由。このような病気は、甲状腺が破壊され、毒素が体内に侵入したときに発生します。これは薬でもあります。ホルモンの背景に違反しています。術後甲状腺機能低下症など、この疾患のさまざまなものも広まっています。

無症候性甲状腺機能低下症、兆候

診断自体は病気の徴候が完全にないことを意味しますが、それにもかかわらず、代謝に関連するいくつかの異常を見つけることができます。

代謝プロセスに違反して、全体生物全体、および個々のシステム。したがって、無症候性甲状腺機能低下症に苦しむ人々は、しばしば機嫌が悪く、さまざまな重症度のうつ病に苦しみ、不安が増大する一定の状態にあります。症状は、適切に選択された補充療法の助けを借りて軽減または除去することができます。つまり、体内で十分ではない合成甲状腺ホルモンを摂取します。そのような症状が知られているという事実にもかかわらず、甲状腺疾患に関連するすべての疾患がそのような症状を示す可能性があり、患者自身がしばしば過敏性、疲労および眠気を訴えるため、これらの疾患を正確に示すことはできません。

病気がどれほど無害に見えても、それは価値がない起こりうる結果を過小評価します。今日、補充療法の開始により、代謝がほぼ完全に回復できることが証明されています。治療が開始されない場合、病気は全身に深刻な結果をもたらす可能性があります:肥満とアテローム性動脈硬化症。これは、虚血から心臓発作で終わるさまざまな心臓病の原因です。

無症候性甲状腺機能低下症、通常のように、甲状腺ホルモンは血圧、心筋収縮の速度、血流の速度、および末梢血管の抵抗を形成するため、心臓血管系に不可逆的な変化をもたらす可能性があります。あらゆるタイプの甲状腺機能低下症の患者では、心筋の変形が起こり、左心室の壁がより密になります(肥大)-これは、システム全体、特に心臓の働きが活発すぎることを示唆しています。

そのような病気は、妊娠中に特に危険です。時間通りに検出されず、ホルモン療法が処方されていない場合、胎児の発達にさまざまな病状と異常が発生する可能性があるためです。

どうすれば 扱う 無症候性甲状腺機能低下症

そのような甲状腺機能低下症の治療については今日、専門家はすべて、補充療法が良い治療法であると明確に確信しているわけではないため、内分泌専門医に相談してください。合成ホルモンの不適切な投与は、患者の状態を悪化させる可能性がありますが、改善することもできます。したがって、一般的な推奨事項はありません-必要であるか不要であるか。補充療法が必要な場合の唯一の例外は、無症候性甲状腺機能低下症の妊娠です。