吸入器AED:モデル、指示およびフィードバック。ネブライザーAND

子供の頃、母と祖母はそれを信じていましたホットなジャガイモを吸うよりも、病気の方が良いことは何もありませんか?それと同時に私の気持ちは、覚えていますか?赤い、水っぽい顔、大きな汗の雫、厚いベールの下の蒸気雲の中で重い呼吸...もちろん、治癒効果はありましたが、あなたはこの手技のファンではありませんでした。

今日、科学的進歩のおかげで、ホットポテトとポットは噴霧器に来た。それは治療と病気の予防の両方に使用できる圧縮医療機器です。市場で最も広く使用されているのは吸入器AEDです。彼について私はもっと話したい。

吸入器および

吸入器 - それは何ですか?それは何のためですか?

ネブライザーは、吸入器と呼ばれ、薬を圧縮空気でスプレーする。これらの装置は、エアゾール形態の液体医薬品に変換することができ、これにより呼吸器系に直接送達することができる。エアロゾルの流れは不燃性であるため、吸入ネブライザーは高温でさえありうる。

この装置は、小児および成人の両方の治療に適している。 AED吸入器は、身体が錠剤または粉末の形の医薬品を拒絶する可能性があるため、高齢者にはAED吸入器が推奨されることに特に注目しています。ちなみに、デバイスの名前は偶然ではありませんでした。これは、 "霧"、 "雲"を意味するラテン語の星雲の派生物です。冷エアロゾル懸濁液は、実際には薬物ミストと考えられる。

吸入器と

ネブライザーの種類

医療機器の大手メーカーは、いくつかのタイプのデバイスを製造しています。

  1. 対流ネブライザー。これは、一定のアクティビティと速度でエアロゾルストリームを作成する最も単純なタイプの吸入器です。
  2. 吸入により活性化されるネブライザー。 ベンチュリ効果を使用した経済的なデバイス。呼気中の薬物エアロゾルの損失は実際には発生しません。また、より近代的なモデルには、呼気上の薬剤の流れを遮断するバルブシステムがあります。
  3. 線量吸入器。これらは吸入によってのみエアロゾルを生成する感覚装置です。

このような吸入器を製造するさまざまな企業(「Omron」、AED、B.Well)、さまざまな価格カテゴリのデバイスを提供しています。ネブライザーは、理学療法室、病院の入院部門(呼吸器科、耳鼻咽喉科)で使用されます。多くの場合、これらのユニットには、小児クリニックと集中治療室が装備されています。しかし、最も重要なことは、そのようなデバイスが自宅で使用するのに非常に便利であることです。

ネブライザーと

治療効果の範囲

AND吸入器を含むネブライザーは、異なる直径の物質の微粒子を含む薬液エアロゾル懸濁液から。吸入の治療効果はそのサイズに依存します:薬用粒子は口腔に影響を与えます8-10ミクロン、5-8ミクロン-上部(鼻咽頭、喉頭)、3-5ミクロン-気管および気管支に、1-3ミクロン-細気管支、0.5〜2ミクロン-肺胞ポータブルAND吸入器は、特別なノズルでエアロゾル粒子の直径を調整します。これにより、炎症過程の中心に薬物を輸送できます。したがって、吸入の治療効果は大幅に向上します。

吸入器および231

ネブライザーが戦うのに役立つ病気

現代の吸入器は非常に重要な課題に直面しています。したがって、たとえば、AND吸入器は次の目標を達成できます。

  • 気管支痙攣を解消します。
  • 排水機能を強化します。
  • 呼吸器系のさまざまな部分の衛生管理を行います。
  • 喉頭、気管、気管支の腫れを取り除きます。
  • 炎症プロセスとの闘い。
  • 局所免疫応答を刺激します。
  • 粘膜の微小循環を促進します。
  • 予防を行い、アレルゲンから保護します。

このリストを考えると、ANDネブライザーは、ほぼあらゆる種類の呼吸器疾患の治療に役立ちます。このようなデバイスの並外れた人気はこれに基づいています。薬局や医療機器店で提示されているいくつかのネブライザーモデルをより詳細に検討してみましょう。

吸入器と233

吸入器モデルAnd-CN-231の説明

日本の製造会社とプロデュースポータブルデバイスのコンパクトモデル。これはAND 231吸入器で、薬液を最小サイズ(0.5ミクロン)から最大サイズ(10ミクロン)の微粒子に分解することができます。このキットには、2つの呼吸マスクと5つの交換可能なフィルターが含まれています。デバイスの設計は非常に便利です。 1つのボタンで制御できます。薬液の容器の容量は13 mlです。

デバイスには、吸入器をオフにするセンサーが装備されています過熱した場合のネットワークから。コンプレッサーの重量は1.5 kgです。 0.2ml /分の平均速度で吸入を提供することができます。デバイスは間欠モードで動作します。エアロゾルが30分間生成された後、30分間休止してコンプレッサーを冷却します。消費電力-70ワット。このネブライザーモデルは、喉頭炎、喉頭気管炎、気管支炎、閉塞性肺疾患、喘息、肺炎、SARSによく対処します。

吸入器アンデスレビュー

CN-233 AED吸入器モデルの説明

AND-233吸入器は、呼吸器系の急性および慢性疾患の予防と除去。このモデルはよりコンパクトです。コンプレッサーの重量は1.2 kgです。デバイスの吸入は、呼吸器系のすべての部分に到達することができます。生産では、すべての国際品質基準が考慮されます。

コンプレッサーの連続運転はもうできません30分後、ユニットは冷却されます。過熱時のシャットダウンは自動的に行われます。消費電力-60ワット。モデルはよりコンパクトであるため、薬物の容量は以前のデバイスよりも少なくなります。装置は6 mlを超える液体を保持しません。このAED吸入器には、さまざまなサイズの2つのマスクと予備のフィルターセットも装備されています。

オムロンアンデ吸入器

手順後のデバイスの手入れ方法は?

各手順を完了すると、デバイスは整理する必要があります。薬の容器、マスク、ホースはきれいな水で洗い、乾燥しなければなりません。そうでない場合、デバイスは病原性細菌叢で汚染され、薬液はタンクとホースの壁で結晶化します。清掃中、液体がコンプレッサーに入らないようにしてください。これは重要です!吸入器の使用説明書には、常にデバイスのクリーニングに関する規則が示されています。ネブライザーの保管要件についても知ることができます。

特別な集中ソリューションがあります吸入器の部品を迅速に消毒するためのスプレー。彼らはマスク、カニューレ、ノズル、マウスピース、さらには装置の本体さえも処理します。これは、複数の人がデバイスを使用する場合に特に重要です。ネブライザーのエアフィルターを交換する必要があります。有効期限は説明書に記載されています。

吸入器および

吸入手順を実行するには?

食後または吸入後は吸入しないでください身体活動。休憩は少なくとも1.5時間必要です。ネブライザーを使用する前に去expect薬を服用しないでください。手順が口から行われる場合、空気を吐き出す必要があります。鼻腔吸入の場合、特別なカニューレが使用されます。この場合、吸入は鼻から、呼気は口からです。

1つの手順の期間は15分を超えると、めまいが始まらないように1分ごとに短い休憩が行われます。デバイスは安定した表面にあります。患者は、体を前に傾けることなく、座ったまま吸入を行います。ステロイド製剤と抗生物質をデバイスでスプレーする場合、患者は手術後に口をすすぐ必要があります。エアロゾル懸濁液を使用した呼吸にマスクを使用する場合は、目の周りを避けて顔を洗う必要があります。

吸入器と

吸入器の使用に関するレビューと推奨事項

医師と患者の吸入アンデスのレビューはポジティブのみ。まず第一に、医師は主治医によって処方されたソリューションでこのデバイスを使用できると主張します。エッセンシャルオイル組成物は吸入に適していません。使用される薬物の説明書は、吸入の形での使用に適していることを明確にする必要があります。医師のレビューから判断すると、生理食塩水のみが治療用組成物を得るために使用できます。これらの目的に適した蒸留水を含む他の液体はありません。

通常のユーザーはデバイスを賞賛します。 彼らは、稼働中のデバイスのコンプレッサーを覆うことを勧めます。これにより、ANDネブライザーを無効にできると言われています。さらに、人々は吸入中に子供自身を放置しないことを推奨します。結局のところ、主電源から電力を供給されるデバイスは、健康を脅かす可能性があります。そのような装置の作用に関して、患者は治療効果に満足した。お客様の声は、ネブライザーが呼吸器疾患への迅速な対応に役立つことを示唆しています。