どんな吸入器が良いですか:超音波または圧縮機。どの吸入器を選ぶべきですか?

吸入の利点は長い間知られていた。 ほとんどの人は家庭や医療施設でこれを行った。近年、電子吸入器の多くのモデルが登場している。これは、病人が煮沸したやかんとお鍋で気にしないことを可能にします。しかし、それらの多くがあるという事実のために、どちらが最良の吸入器であるかを決めることはむしろ困難です。そして、あなたは、すべてのモデルがアクションのさまざまな方法と有効性を持っているので、外観の価格や個人的な好みだけでなく、これに自分自身を向ける必要があります。ほとんどの患者は蒸気吸入器を放棄して以来長い間続いています。結局のところ、彼らは禁忌が多く、いつもそれらを使うのが便利ではない。したがって、現代のバイヤーは、しばしば、吸入器が最も良い - 超音波またはコンプレッサーという質問をしている。選択肢を正しく決定するためには、その長所と短所、およびアクションの特徴を知る必要があります。

吸入の利点は何ですか?

なぜ吸入器が買われているのですか?なぜですか?そんなに売る?この手順は、気道のすべての病気で長く使用されてきましたが、近年、風邪やウイルス感染は流行の形を取ることがあります。

子供のためのより良い吸入器とそれを適切に使用する方法
人々はまた、アレルギー性咳、喘息、肺炎および気管支炎がより一般的である。これらのすべての病気から、吸入を助けます。それらは炎症を軽減するだけでなく、喀痰のより良い喀出に寄与し、ウィルス感染を予防する手段でもある。そして、吸入器の助けを借りて実行される手順は、多くの利点があります:

- それはよりよく吸収され、より効果的であるので、はるかに少ない薬が使用されます。

- 最小の粒子に噴霧するため、調製物は気道に直ちに入り、回復を促進する。

- でも、乳幼児にすることができ、それらを使用するために、従来の手順よりも少ない禁忌を持っています。

デバイスの種類

私たちの店の棚に置かれた巨大な品種は、多くのバイヤーを詰まらせるものです。彼らは、どの吸入器を選ぶのが最良かわからない。まず、あなたは彼らが何であるかを理解する必要があります。

1。 最も単純なデバイスは蒸気吸入器です。アクションの方法によって、それは鍋のための通常の手順と同じです。したがって、多くはそのような吸入器を放棄し始めました。実際、多くの禁忌があるという事実に加えて、誰もが熱い蒸気を吸うことができるわけではありません。それに使用できる薬とはほど遠い。

2。 コンプレッサー吸入器(インクジェットとも呼ばれます)。コンプレッサーを使用して薬液を小さな粒子に分解し、吸入すると気道に入ります。このデバイスは蒸気よりも効果的であり、さまざまな薬物を使用できますが、欠点もあります。

3.超音波吸入器-より近代的で高価なデバイス。超音波を使用して薬液を蒸気に変換します。これにより、特定の薬の有効性が低下する場合があります。

どの吸入器は子供の超音波またはコンプレッサーに適しています

4。 最も高価な吸入器は、ただし、以前のモデルの欠点がありませんが、メッシュ吸入器です。コンパクトで非常に効果的ですが、多くの購入者は価格が高いため購入を検討していません。

どのタイプの吸入器が最も頻繁に購入しますか?

4つの異なる種の存在にもかかわらず楽器、ほとんどの人はコンプレッサーまたは超音波吸入器を選択します。どちらが良いか、それは言うのが難しいです。バイヤーは主にその価格、外観、または製造業者に焦点を合わせます。しかし、この方法では、医療機器を購入するべきではありません。医療機器の有効性は、患者の個々の特性、患者の年齢、禁忌の存在だけに依存しないためです。さまざまな病気の治療には、特定の種類の吸入器が必要です。そして、この問題では、医師に相談するのが最善です。

少ないバイヤーが注意を払うメッシュ吸入器は価格が高いためです。彼らは最近販売されたばかりで、まだ人気を得ていません。しかし、蒸気器具は、使用の可能性が限られているため、あまり購入されません。したがって、最も一般的な質問は次のとおりです。どの吸入器が優れている-超音波またはコンプレッサー。それに答えるには、各タイプのデバイスを使用することのすべての長所と短所を考慮する必要があります。

コンプレッサー吸入器の利点

  • 抗生物質やホルモンなど、あらゆる薬剤での使用に適しています。
  • これは1日に数回使用できます。これは、継続的な治療を必要とする慢性疾患のある人にとって不可欠です。
    より良いコンプレッサーまたは超音波吸入器
  • このデバイスは非常に使いやすく、長寿命です。
  • 呼吸器疾患のある人に使用できます。年齢も制限されていません-赤ちゃんにも使用されます。

コンプレッサー吸入器の欠点

  • 送達される薬剤の噴流の強度は、患者の吸気強度に依存します。
  • ほとんどのモデルは大きく、ネットワーク上で実行されます。
  • これらの吸入器は、動作中に大きな音を発し、一部の患者に干渉する場合があります。

超音波吸入器の利点

  • 超音波薬液気道の最も近づきにくい領域に侵入する程度に押しつぶされた。したがって、それらは下気道の疾患(気管支炎および肺炎)に使用されます。
  • 患者の睡眠中や子供の遊び中に使用することができ、吸入器を彼の隣に置くだけで、手順は引き続き有効です。
    吸入器を選ぶ方が良い
  • このデバイスは、バッテリーで実行できるため、コンパクトでモバイルです。これは、しばしば家から離れなければならない喘息患者にとって利点です。
  • それは実際に音を立てず、使いやすく安全であるため、子供や重病患者によく認識されています。

超音波吸入器の欠点

  • 超音波の影響下で、そのため、このデバイスですべてを使用できるわけではありません。たとえば、抗生物質とエッセンシャルオイルを使用した超音波吸入器による治療は利用できません。
  • 多くの吸入器を選択するとき購入-コンプレッサーまたは超音波は、このデバイスの価格を混乱させます。それは非常に高い-2000ルーブル以上。さらに、交換可能なボウル、薬の容器、特別なジェルを購入する必要があります。

それでは、どちらの吸入器が優れているのですか?超音波またはコンプレッサーですか?

使用頻度、使用目的、患者の年齢、その他のポイントによって異なります。

どの吸入器がコンプレッサーまたは超音波を購入する方が良いか
注意を払うべき最も重要なことはこれは、手順が適用される病気です。薬液のどのサイズの粒子がデバイスで得られるか、それらが気道にどれだけ浸透するかを知る必要があります。これについては医師に相談することをお勧めします。彼は、どの吸入器が優れているか、特にあなたにアドバイスをすることができます:超音波またはコンプレッサー。それは病気と使用された薬に依存します。たとえば、あなたの病気が抗生物質またはステロイドの手順を定期的に使用する必要がある場合、コンプレッサーを購入することをお勧めします。また、顔のマスクとデバイスの動作からのノイズを知覚するのが困難な子供にとって、超音波は理想的な選択肢です。さらに、吸入器のモデルを選択するときは、その指示を注意深く検討する必要があります。その後、その使用は可能な限り効果的になります。

子供用吸入器

どちらが優れているか、それを正しく使用する方法すべての親が知っているわけではありません。この問題では、医師に相談する方が良いです。彼は、赤ちゃんの病気をより効果的に助けるモデルをアドバイスし、デバイスで使用できる薬物と、1日に何回処置を行うかを教えてくれます。

ほとんどの場合、両親は選択に直面します: どの吸入器が子供に適しているか-超音波またはコンプレッサー。各デバイスの長所と短所を慎重に検討する価値があります。子供に最も人気のあるのはコンプレッサー吸入器ですが、ノイズやマスクを着用する必要があるため、子供はしばしばそれを怖がります。したがって、子供向けに特別に設計されたモデルを選択できます。

どの吸入器がより良い超音波またはコンプレッサーですか
このような吸入器はうるさくなく、明るい色で塗られており、しばしばおもちゃの形をとっています。電車や動物です。

非常に頻繁に人々は最近買っていますコンプレッサーまたは超音波吸入器。どちらが良いか-明確に答えることは不可能です。デバイスの価格と外観だけでなく、注目する価値があります。主なものは、それが効果的であることです。