肺の中の流体:原因と治療

呼吸器系は外部からの影響を受けやすく、その病気は一般的な病理の結果である可能性があります。

肺の中の流体:原因

このような症状は、肺の中の流体として、炎症(結核、胸膜炎、肺炎)、停滞現象または癌の結果として現れる。肺の中の流体は、血管の壁の透過性の増加の結果として、またその完全性が損なわれた場合に蓄積し始める。第1の場合、血管の壁の増加した透過性は、肺に蓄積する経血 - 浮腫性流体の形成をもたらす。第2の場合、機械的作用による血管壁の完全性の侵害は、それらの炎症および滲出液の形成をもたらす。これは、細胞が豊富でタンパク質が豊富な濃色の液体で、冒された血管の壁を通って浸透します。しばしば、血管への機械的損傷は、血胸郭の形成(血液の胸膜腔内での蓄積)を伴う。肺における流体の出現の原因は、肺リンパ系の機能不全であり、これは浮腫の発生を促進する浮腫性流体の除去を遅くする。これは、肺移植の後、多数のリンパ節の除去を伴う肺の切除で起こる。肺の間質に蓄積される流体の量のわずかな増加は、身体によって容易に許容される。その量が過度に増加し始めると、肺は弾力性を失い始め、軽い気体交換で何が起こっているのかの障害があり、それらは硬直する。

量の増加の最初の兆候の1つ液体は息切れです。これは、肺胞から血管への酸素供給速度の低下に関連している。結局、人はいつもよりもずっと頻繁に呼吸しなければならない。

その発達過程における肺の浮腫は2である相。第1に、間質の空間への浸透があり、そこから液体が既に肺胞に入る。この場合、主に睡眠中の心臓喘息の発作があり、人は空気の不足を訴え始めます。咳、レール。患者が横たわっていると、これらの症状はすべて強くなる。その後、痰が出現し、肌にはほとんど目立たない蒼白があり、胸部に痛みがあるとの苦情があります。心臓病の存在、慢性心不全、患者の年齢を考慮して、心臓喘息の診断を行うことが必要である。心臓喘息と肺動脈枝の血栓塞栓症および気管支喘息とを区別することが必要である。

肺の中の流体:治療

これにはさまざまな治療法があります病気まず、低酸素症の減少と肺胞内圧の上昇に寄与する呼吸補助(酸素療法、HF VVLなど)が必要であり、それによって流体が間質に浸透するのを防止する。アルコール蒸気で湿らせた酸素を吸入することも必要です。硝酸塩(ニトログリセリン)が治療のために使用される。肺の静脈血の停滞を減少させ、心筋の酸素量を増加させない。適切に選択された用量の硝酸塩は、心臓の左心室にかかる負荷を減少させ、動脈および静脈床の血管拡張を引き起こす。 2種類の方法で体の硝酸塩を入力してください - それはピルまたはスプレーのいずれかです。肺の液体は徐々に消える。

鎮痛薬の適切な使用(モルヒネ)。彼らは精神的ストレスを和らげ、呼吸筋肉の負担を軽減するのに役立ちます。また、頻繁にドーパミンのような変力薬を使用した。その効果は用量によって変化する。 5〜10μg/分の投与量は、心拍出量の増加を引き起こす。 2回で線量を上げると、アルファ - メタデータ効果が得られます。