ネメスの右手 - 背骨の健康について考える

四肢のしびれ感、人が感じるとき動きのある硬さと皮膚の感受性の喪失。この現象は、しばしばチクチク、焼け、寒さを伴う。これらの不快な感覚に起因する不快感が速やかに消えた場合、それは鋭い動きまたは逆に不快な姿勢での長い静止によって引き起こされる可能性がある。この現象がしばしば起こる場合、これはこの疾患の症状です。そのような病気のリストは素晴らしいですが、四肢のしびれの最も頻繁かつ深刻な原因は、骨軟骨症、椎間板ヘルニア、循環器障害、神経侵害、関節リウマチです。医師だけが無感覚の原因を特定し、治療を処方することができます。

最近、医師はますます接近している若い人たちは「なぜ右の腕が麻痺するのか、それとも肩から指まで、あるいは指だけからなるのか?感情は、剛性、硬さの感覚として説明される。時々、患者は、肘または手根関節の痛みを訴える。指の動きの喪失は、原則として、より大きな懸念をもたらす。

事実、リスクグループには人々がおり、コンピュータに多くの時間を費やしています。特定の筋肉の一定した緊張のために右腕にしびれがあり、神経チャネルを圧迫します。これは手根管症候群です。この病気は、コンピュータで働く人だけでなく、日常的に同じ種類の手袋師、画家、大工の職業に関連する職業にも影響を及ぼします。これらの職業は長い間存在していたにもかかわらず、前世紀の80年代以前の手根関節症候群は広く普及していなかった。

右腕が馬鹿になる理由より具体的には、強い緊張から腱が腫れているという点で、手の指。手のひらと指の感受性を担う神経は、腱と同じ狭い溝に沿って走っています。浮腫は神経を圧迫し、麻痺につながる。

一時的に右手が一時的に麻痺すると作業の終了と簡単なマッサージが役立ちます。しかし、どのような病気と同様に、この症候群はいくつかの発達段階を経ています。うずき、こわばり、感受性の喪失は、鼓動する痛みにつながる可能性があります。あなたが時間通りに治療を始めるのでなければ、あなたはひどい変形を経験し、親指の運動筋の死さえするかもしれません。

骨軟骨症は最も一般的なものの1つです私たちの時代の病気。彼は老いも若きも、そして現在は彼の机に座っている人たち、そして肉体労働に従事し、それらの両方を露呈しました。骨軟骨症の出現、多くをトリガすることができます原因。長い机に座っ悪い姿勢に寄与し、脊柱側弯症を誘発する:私たちは高校で出会い、彼の「土台」はと言うことができます。皮肉なことに、ジムでの強化訓練は、制御不能なリフティング重みはまた腰痛を引き起こすことができます。頚椎麻痺右手の骨軟骨症では、痛みはそれを拾うしようとすると、引き戻す感じられます。

骨軟骨症は、子宮頸部および腰椎であり得る。 その原因は、背骨の様々な部分の神経根の侵害と炎症にあります。手足のしびれを引き起こすのはこれらのプロセスです。病気の症状の1つ - 血管のけいれん、ひいては血液循環の侵害。

この場合、まず、右腕と脚が麻痺する。四肢には、手足や足に痛みを伴う刺激や灼熱感が見られます。

骨軟骨症は進行性疾患である。 痛み、動きの硬さ、皮膚の感受性の喪失は、背骨に重大な問題を示す。鎮痛薬の使用は一時的に患者の状態を緩和するだけである。医薬品、ビタミン療法、運動療法、手動療法など、医師の監督下では複雑な治療が必要です。