脳のための血管製剤。最新の血管製剤

血管機能における様々な病理は、最も深刻な病気の原因。多くの場合、これは高齢者であり、その血管はもはや弾性がなく、多くの動脈はスラグで詰まっています。しかし、今では若い時期でさえ、多くの人がさまざまな血管障害を抱えています。そして、多くの場合、それらは頭痛、頻脈、および急速な疲労の原因である。血管薬は、これらの問題に対処するのに役立ちます。彼らは、血管の緊張と弾力を回復させ、血栓のリスクを減らし、患者の全体的な状態を改善するように設計されています。

血管障害の症状

全体の健康を維持することは非常に重要です。血管が正しく機能するようにする。そして、これは彼らの壁が透過性で弾力性がなければならないことを意味します。正常な血液循環のためには、血管は時間の経過とともに狭窄または拡張する能力を有するべきである。彼らが弾力性を失った場合、壁が厚くなり、脆くなり、血栓や脳卒中につながります。血管疾患の初期段階では、患者は通常次のような症状を経験する。

- 頻繁な頭痛;

- めまい;

脳のための心血管製剤

- 睡眠障害;

- 記憶障害および注意集中の困難;

- うつ病、不安定な気分;

- 疲労が増えた。

- 四肢の麻痺。

血管病変にはどんな薬が使われていますか?

あなたが仕事の欠点を時間通りに気づいたら医師に相談して、重大な問題を避けることができます。ほとんどの場合、適切に選択された血管薬は、この問題を完全に排除することができる。しかし、時々あなたはあなたの人生のコースを通してそのような薬を取る必要があります。

準備、血管
通常、血管薬は高齢者には必要であるが、任意の年齢で処方することができる。これらの薬はどのグループに分かれていますか?

1.血管拡張薬は、高血圧で最も頻繁に使用されます。彼らは血管の攣縮を妨げ、脳への血液供給を改善します。

2。 カルシウムイオンのアンタゴニストも同様の効果を有するが、血管自体に影響を及ぼすものではなく、狭窄を引き起こす物質である。これらはカルシウムイオンであり、血管壁を硬くし、弾力性を低下させる。

3.植物アルカロイドに基づく血管調製物もまた、種々の循環障害の治療において一般的になっている。

4.血管の壁を強化し、その代謝に有益な効果をもたらす調製物は、血管障害にも有効である。

脳循環障害の治療では、脳の血管に影響を及ぼす向精神薬が使用される。

血管障害によって引き起こされる特定の疾患の治療のための医薬:脈管ジストニア、アテローム性動脈硬化症、偏頭痛および心臓病。

近年、ホメオパシー血管製剤はますます普及してきている。

カルシウムチャネルブロッカー

1。 このグループの最も有名な薬は「シンナリジン」です。それは、血管痙攣および血餅を防止し、血液循環を改善し、血液を希釈する。 「シンナリジン(Cinnarizine)」は脳の血管にのみ作用するため、心血管疾患の場合は適用されません。

最新の血管製剤

2.「ニモジリン」はまた、主に脳血管を拡張する。この薬はより弾力性に富み、脳の栄養を改善します。

血管拡張薬

これは、そのような薬物の最も広範なグループです。 彼らは脳のインパクトに影響を与えるか、壁の平滑筋に直接影響を与えることによって血管を拡張することができます。さらに、このグループの血管薬の中には、個々の臓器に選択的に作用するものもありますが、そのほとんどが身体全体の機能を果たし、効果的に血圧を低下させます。したがって、それらの使用に対する禁忌は低血圧である。このグループの最も一般的な薬剤は次のとおりです。

1.神経インパルスに影響を及ぼす手段には、Validol、Reserpinなどがあります。

2.筋肉に影響を与えて血管を拡張する薬物は、パパベリン、ジバゾール、ジプロフェン、ユーフィレリン、テオブロミンなどです。

冠動脈拡張薬は、心臓の血管に選択的に影響を及ぼす。それらの中で最も有名なものは、 "Erinit"、 "Nitrosorbide"、 "Chlorazicin"、 "Nitroglycerin"などです。

脳のための心血管製剤

4.脳血管疾患は、脳血管疾患を治療するために使用されています。これらは "Euphyllinus"、 "Pyracetam"、 "Fezam"などです。

5.四肢血管の攣縮を伴う疾患もある。彼らはPapaverin、Angiotrophinなどの助けを借りています。

近年、最新の血管より効果的に動脈を弛緩させ、より少ない副作用を有する薬物。これらには、 "Norvask"、 "Plendil"、 "Nimotop"、 "Lazipil"、 "Klentiazem"などが含まれます。さらに、複雑なツールはうまく機能しています。たとえば、Omaronにはピラセタムとシンナリジンが含まれており、それらのアクションが組み合わされてより効果的になります。

血管の壁を強化する薬

動脈およびその毛細血管の正常な動作のために壁は弾性を持ち、中程度の透過性と筋肉の緊張を持っていなければなりません。したがって、血液循環のあらゆる違反に対して、それらを強化するために薬物が必要です。これらは、主にビタミンおよびマイクロエレメントを含む:

血管薬

- 「アスコルチン」には、ビタミンPおよびC、ルチン、カテキン、ポリフェノールおよびアントシアニンが含まれています。

- "Dihydroquerticin"は、カラマツのビオフラボノイドに基づいて作られています。カリウムとセレンも含まれています。

ハーブの準備

血管障害は、自然療法を使って近年の医薬品は、伝統的な医学から得た経験を積極的に利用しています。そして、血管疾患の治療のために、多くの植物ベースの薬物が製造される:

ビンカアルカロイドを含む医薬品、鎮痙効果があり、また血管を急速に拡張し、圧力を低下させる。これらには、「Kavinton」、「Vinpocetine」、「Telektol」、「Bravinton」などが含まれます。

- 銀杏ビロバ抽出物での準備がしばしば脳循環の違反に使用されます。彼らは血管の壁を強化するだけでなく、抗酸化作用も持っています。これらは、Bilobil、Tanakan、Ginkgo Biloba Forteなどの薬です。

心臓血管薬

薬物が選択的に作用する場合冠状動脈は、心臓の血液循環を改善し、狭心症、冠状動脈性心疾患、不整脈および他の疾患に使用される。基本的に、これらのツールは、薬草に基づいています:アドニス、フォックスグローブ、ユリの谷またはストロークファンタス。最も一般的な心血管薬は:

- 「Adonizid」は心筋への血液供給を改善します。

- 「Cardiovalen」は冠状血管の壁を強化します。

心臓血管薬

- 「メプロシラリン」は血管の内腔を拡張し、腫れを軽減します。

「アムリノン」は冠状血管を拡張する。

・「テオブロミン」は血管拡張作用もあり、心臓の活動を刺激します。

向知性薬

脳循環のさまざまな障害通常の生活を大きく複雑にします。彼らは頻繁な頭痛、記憶喪失、耳鳴りと疲労を伴います。その理由は血管収縮による脳細胞の酸素欠乏です。多くの場合、この問題は子供や10代の若者でも心配しています。そのような状態の治療のために脳の向知性血管製剤を適用します:

- 「Aminalon」は血流と組織の呼吸を改善します。

- 「Phenotorpil」は低酸素に対する脳組織の耐性を高め、抗けいれん作用を持ちます。

- 「ピラセタム」は血管攣縮を軽減し、脳細胞の栄養を改善します。

- "Nootropil"は脳内の血液の微小循環を改善します。血管を拡張することはありませんが、損傷した脳組織を修復します。

血管薬

このような薬は患者だけではありません。人です。彼らが彼らの記憶、学習する能力、彼らが過労しているとき、そして極端な状況で彼らが改善する必要があるならば、彼らはしばしば酔っています。ピラセタムまたはアミナロンを含む栄養血管薬は、ジストニアの治療にうまく使用されています。

片頭痛薬

これはかなり一般的な病気です。何百万もの人々に苦しみを引き起こしています、また血管の活動の違反のために起こります。しかし、通常の血管拡張薬はその治療には適していません。なぜなら、発作は血管のけいれんを伴うだけでなく、それらの急激な拡張も伴うからです。したがって、非ステロイド性抗炎症薬と鎮痛剤に加えて、あなたは片頭痛のための特別な薬を使用する必要があります:

「Avamigran」は、脳循環障害による片頭痛のような痛みを効果的に軽減します。

- ホルモンのセロトニンの拮抗薬のグループからの調剤は血管の劇的な拡大を打ち消します:「移民」、「ゾミッグ」、「マックス」など。