粘液腫 - どのような病気ですか?原因、症状および治療

粘液浮腫は重度の内分泌疾患であり、これは医師が甲状腺機能低下症の一形態とみなしている。通常、病状は甲状腺機能の減速のバックグラウンドに対して起こる。しばしば、病気はホルモンの背景に違反している女性に現れます。しかし、甲状腺の粘液浮腫が男性にさらされることは珍しいことではありません。この病気の特徴を考えてみましょう。また、粘液腫の原因と症状を強調し、病気の診断と治療について話しましょう。

原因

粘液腫

Myxedemaは何ですか? 甲状腺の減速は、不十分な量のホルモンの産生を引き起こす。この現象を背景に、体に重度の障害があります。病理学的状態は臨床現場での甲状腺機能低下症と呼ばれる。提示される病気の重大な形態は、実際には粘液腫である。

病気の進行は混乱を招く内部分泌またはチロキシンのホルモン産生の完全な消失。しばしば、これは体の感染、特に重度の狭心症、梅毒の結果として起こる。脳損傷の可能性のある内分泌系の機能不全を引き起こす。

いくつかの専門家によれば、粘液浮腫はX線照射の患者への影響または不適切に実施された外科手術の結果による不適切な治療の結果。このような潜在的に分泌腺の機能の変化につながる可能性があります。

まれに粘液腫の原因が人間の住居の条件。この疾患は、食物中にヨウ素がなく、水が消費される場所では、多くの場合、人口のかなりの部分に見られます。役割はまた、周囲の空間の湿度の高いレベルでの環境に住むよう、衛生の非遵守が演じます。

症状

粘液腫の理由

病気の粘液浮腫、その症状の写真我々の材料で見ることができ、数多くの器官やシステムの部分で数多くのマイナスの現象の形で現れることがあります。これは、甲状腺によって産生されるホルモンが生物全体の一般的な状態に影響するという事実によって説明される。しかし、粘液浮腫の特定の症状があります。その中には

  1. 皮下組織の腫脹。影響を受けた組織を押すと、窪みが形成され、安定した特性を有する。
  2. 顔の特徴の外観。提示された領域の皮膚は、患者の目の下でぼんやりとし、顕著な嚢が形成される。
  3. 皮膚の構造を変える。ジストロフィー変化の背景に対して、真皮は切り離される。また、髪や爪の脆さも増加する。
  4. 声帯の損傷。 後者は炎症を起こし腫れます。粘液浮腫の発症の対象となる人の声は、ハスキーまたは粗い性格を獲得する。病気の進行に伴い、発言はますます曖昧になります。

粘液浮腫は形態の1つであるため甲状腺機能低下症、眠気の増加、食欲の悪化、組織の一般的な調子の低下、運動機能障害、関節痛などの症状を上記の症状に加えることができる。

前性粘液腫

粘液腫の症状および原因

特定のタイプの疾患は、彼前十字形。病気の古典的な経過とは対照的に、病状は減少しているのではなく、逆に甲状腺によって産生されるホルモンの分泌が増加していることを特徴とする。その結果、皮膚の表面にはっきりとしたざらつきや角質が現れる。多くの場合、この形態の疾患に罹患している患者は、皮膚の掻痒および創傷の出現につながる重度のかゆみの感触を訴える。どのような治療法が古典的および前症の粘液浮腫に使用されていますか?この疾患の治療は、その物質においてさらに考慮されるであろう。

小児の粘液腫

幼児では、この病気は早期または先天性。両方の場合において、病状は、身体的、性的および精神的発達の遅延によって特徴付けられる。内分泌系が機能する際の早期の中断ほど、子供に発生する粘液浮腫の結果がより深刻になる。したがって、小児期の非常に重要な瞬間は、ヨウ素による体の飽和です。

この疾患の最も重篤な症状は、クレティズム。この病気の子どもの生活の質にあまり深刻ではない成長が遅れている。上記の症状の結果は、しばしば外部の変形であり、仲間と比較して知的発達の著しい遅れである。

診断方法

粘液浮腫症状

粘液浮腫の診断は、内分泌学者によって取り扱われている。この疾患の存在を確認するために、研究者は以下の解決策に頼るかもしれない:

  • 患者の愁訴と特徴的な症状との比較。
  • 組織の安定したくぼみがある皮膚の炎症領域の触診。
  • 血液中のホルモンのレベルの研究。
  • 甲状腺の超音波診断。
  • 生検で穿刺を行う。
  • 甲状腺の磁気共鳴イメージング。
  • 粘液腫に伴う合併症の検出。

配給

粘液浮腫では、適用が特に重要である。特別な食事。この病気に苦しむ人は、より多くのヨウ素含有量の食品を食べることをお勧めします。まず、昆布、海魚、クルミについて話しています。通常の塩はヨード化されたものに置き換えなければならない。この食事療法の遵守は、甲状腺の機能を回復させ、粘液浮腫の主な症状を和らげるのに役立ちます。

薬物療法

粘液浮腫写真

病理の発達との戦いの主な仕事甲状腺では不十分な量のホルモンが補充されています。医師は、各患者の薬理学的製剤を個別に選択し、用量を決定し、治療レジメンを行う。専門家は、粘液浮腫の形成、臨床症状の詳細、ヒトの健康状態の一般的な状態、年齢関連の特徴につながった理由に基づいている。

多くの場合、不快な症状を排除するために「トリヨードチロニン」や「甲状腺剤」などの病気の治療薬。これらの資金はヨウ素が豊富で、甲状腺の状態に有益な効果があります。さらに、ホルモン療法、特にグルココルチコイドを含む投薬が処方される。

伝統的な治療法

粘液浮腫の症状を排除することにより、潜在的に以下の伝統的な医薬品を使用することができます。

  1. 粉砕したクルミをベースにしたブロス、蜂蜜、ニンニク、ディルの種子。これらの成分を使用して調製されたこのツールは、甲状腺の機能を改善する。この薬を1日に数回服用してください。
  2. フィールドカモミール、ブルーベリーの葉の煎じ薬、ダイジンカイン、アイルランド系の苔などがあります。ツールは水浴中で調製される。組成物をガーゼまたは細かい篩を通して濾過する。流体は冷却され、一日を通して定期的に採取されなければならない。
  3. 蜂蜜、レモンの皮、亜麻の種子の煎じ薬。コンポーネントは中火で数分間沸騰します。液体はろ過され、一日に数回消費されます。
  4. 甲状腺機能を維持するために伝統医学は広く使用されているケールです。干し昆布は粉末に粉砕され、食物に加えるかまたはそれを水の中でかき混ぜた後、一日一回小さじ1杯に入れられる。

誰が危険にさらされている

甲状腺の粘液水腫

練習が示すように、ほとんどの場合、粘液水腫遺伝が乏しい人に発生します。私たちは、両親が糖尿病、慢性甲状腺疾患、そして腎不全を患っている子供たちについて話しています。

複雑な手術を受けた人々にも注意を払うべきです。不十分に行われた外科的介入の結果は内分泌系の機能不全であるかもしれません。

リスクグループには、悪用された人々が含まれます特定の薬理学的薬物の不正使用。特に、粘液水腫はナトリウムとプロラクチンのレベルが高い薬を服用している人に発症する可能性があります。

予防

粘液水腫の発症を予防することができる予防策には以下のものがあります:

  • 甲状腺機能の定期診断
  • ヨウ素摂取量の管理
  • 内分泌科医での定​​期検査

粘液浮腫の予測

粘液水腫治療

病気のために遅い成長によって特徴付けられる症状です。時宜を得た問題の特定と適切で適切な治療の使用によって、病気の経過は人命の質に重大な影響を与えることはありません。この場合、粘液水腫は良性になります。実際には、病理学を取り除くために最終的に失敗します。治療は一生を通して行われなければならないでしょう。

早期に粘液水腫の発症について話したら年齢、予測はそれほど有利ではありません。子供の幸福の病状をタイムリーに認識することで、ホルモン補充療法を通して改善することができます。しかし、これは病気の症状を完全に排除するわけではなく、それは彼らが成長するにつれて間違いなく自分自身を感じさせるでしょう。

結論として

だから我々は原因、症状と治療法を見直しました。粘液水腫最後に、内分泌系のこのような深刻な病気のために、あなたは独立した治療に頼るべきではないということは注目に値します。薬理学的な薬や伝統的な薬を使用する前に、それはあなたの医者と相談することが不可欠です。この場合に限り、あなたは良い効果を達成し、健康にさらに害を及ぼすことを避けることができます。