イチチオール軟膏:レビューとアナログ

様々な超時代子供時代から薬局の薬が見つかるかもしれません。彼らの品質のために、彼らは現代の医療実践にも成功しています。これらの医薬品の1つは、イチチオール軟膏である。母親や祖母から初めてこの奇跡の治療法について聞いたことがあります。ソビエトの時代には、緑の近くの家庭用薬品キットでは、「スター」バルサムとストレプトコイドは誇らしげに「ichthyolka」の小さな瓶に立っていました。彼女はいつも手にしていました - もし、吹き出物が飛び出したり、傷口が傷ついたりする場合に備えて。あなたがこの黒色軟膏に自信を持っているのは何ですか?使用の兆候は何ですか?薬局にいなければ「ichthyolka」と置き換えることができるものは何ですか?

イチョール

軟膏の活性物質はイチチオール(ichthammol)である。 それは薬が特定の匂いの燃料油を持っているので、オイルシェールからの油を処理する方法によって得られる。 Ichthyolがそのように命名された理由を知っていますか?深い山の鉱床では、鉱山労働者は古代の海洋生物、魚介類の痕跡に頻繁に出会った。新しい物質の創造者は、敬意を表して倫理的に哲学を立てていないし、その名誉イチチオール(他のギリシャ語の "魚" - "魚")から物質を呼んだ。

イチチオール軟膏

Ихтиол добавляют в объеме 10 или 20 % в вазелин, 軟膏ihtiolovaya - ので、薬を得ました。物質の治癒特性についてのレビューにまでさかのぼる1880年代のように受信されている - それは医学で使用されるようになったこと、その後でした。当時、皮膚疾患、痛風、リウマチ、乳腺炎の可能性があるすべてのものをイチチオールで治療しました。物質は、殺菌、痛みや炎症を緩和します。これは、捻挫、挫傷のために使用された、彼らは女性と男性病、偏頭痛とさえ摂取で処理しました。今日、それはまた、大規模な医療や化粧品の数だけでなく、伝統的に化膿性創傷の治療のために使用が含まれます。

プロパティ

今日、すべての薬局で、何年も前と同じようにイチチオール軟膏が販売されています。この薬は何のためですか? Ichthyolは優れた消毒剤、抗炎症剤、消毒剤を持ち、痛みを和らげ、痛みを和らげます。皮膚の問題に使用されます:創傷、やけど、湿疹、皮膚病、丹毒、傷の迅速な治癒を促進し、完全に癒しの腫れや膿性の発疹。また、神経痛、関節および骨盤臓器の治療に効果的です。イチチオール軟膏。この薬の特性は、独自の方法でユニークです。イチョールは血液中に浸透しないので、妊娠中や授乳中でも使用することができます。しかし、小さな子供たちは注意して彼を任命します。

イチチオール軟膏の価格

創傷の治療のために

おそらく最も一般的なのは、これまで軟膏ihtiolovayaを受け、レビュー - ..軟膏を素早く深くに浸透し、損傷領域に適用され、それが化膿傷、炎症、凍傷、火傷、沸騰し、沸騰の治療に不可欠であると言うもの、栄養潰瘍、などです皮膚の層。そこには、炎症の非常に原因を排除し、タンパク質化合物の微生物叢を破壊します。また、イヒチオールは血液供給を活性化し、そして創傷に血液が入り、酸素と。問題のゾーンは迅速にクリアされ、組織の再生が活性化される。あなたがレビューを信じている場合は、傷口から「ihtiolki」を適用した後にも残る傷跡のヒントではありません。シンプルな皮膚疾患のイヒチオール軟膏を調剤します。問題の領域に薬剤の薄い層を塗布し、ガーゼナプキンで覆い、バンドエイドで固定する必要があります。このような包帯は、すべての2-3時間を変更する必要があり、そして毎回新鮮な層は、準備に適用しました。軟膏を肌にこするのはお勧めしません。

イチチオール軟膏の特性
リウマチまたは関節痛の治療薬剤はまた、小さな層に塗布される。レビューは、薬が炎症、腫れ、痛みを取り除き、停滞した血液を分散させると言う。また、ichthyol軟膏は膿瘍にも適しています。

泌尿器科および婦人科で

私たちが悪くないと思った軟膏はおすすめです痔核、肛門裂、前立腺炎の治療に使用することができる。医師は、この薬は、卵管炎、卵巣炎、細菌性膣炎、びらん、硝子体炎および子宮内膜炎、大腸炎および他の病状の塊など、さまざまな病気の女性を助けると言います。治療のために、イチオールまたはタンポンを含む直腸または膣座薬を使用する。これを行うには、グリセロールと20%イチチオール軟膏を等量混合し、その混合物をガーゼスワブ上に塗布する。それは一晩内に注入され、放置される。 Ichthyolは痛みを和らげ、腫れや炎症を和らげ、血流を回復させ、粘膜を治癒させます。

使用されるもののためのイチチオール軟膏

顔の肌をきれいにする

常に発疹に苦しんでいる人にきび、ichthyol軟膏も役立ちます。この治療法が使用されているので、にきびをなくすことは簡単に推測できます。この場合、どのように正しく使用するのでしょうか?

Препарат является антисептиком и отлично борется したがって、それは様々な膿疱形成、吹き出物(深部皮下を含む)、湿疹、面皰に効果的である。あなたの肌にしみがある場合は、表面に少し塗って、数時間放置してください。イチチオール軟膏は皮膚の深い層から膿をすばやく引き出します。しかし、膿瘍が噴出していない場合、または膿瘍が大きい場合は、夜間の圧縮として使用することができます。通常、1つまたは2つの手順で十分です。傷口が膿から解放されれば、イチチオール軟膏を塗布する必要はもはやない。

イチチオール軟膏

禁忌

また、アプリケーション。したがって、(同一ゾーン内の)他の薬剤と同時にイチチオールに基づく軟膏を使用することは許されない。特にそれらがアルカロイド、重金属またはヨウ素の塩を含む場合。 12歳未満の人には使用しないことをお勧めします。また、製品を取り扱った後に手を洗って内部に入らないようにしてください。場合によっては、個々の不耐性が生じることがあります。この場合、治療を中止する必要があります。

副作用

何十年もの間、それはすでによく研究されており、何百万人もの人々がイチチオール軟膏を試みました。レビューは、ほとんどの場合、薬物の有効性について話します。しかし、専門家が認めるように、ごくまれに患者はアレルギー反応を起こすことがあります。これは主に、投薬の無制限かつ頻繁な使用によるものです。皮膚には赤み、かゆみ、かぶれまたは蕁麻疹があります。問題は薬をキャンセルすることで解決されます。誤って軟膏を飲み込んだ場合は、胃をすすぎ、腸溶体を取ります。

イチチオール軟膏

費用と問題の形態

もう一つの大きなプラスはコストです準備。イチチオール軟膏は、価格が15〜40ルーブル(同じ問題に対処するために設計された他の資金より数倍安い)であり、処方箋なしで任意の薬局に放出される。

製剤は、10または20%のイチチオールおよびチューブ、小さなガラスまたはプラスチックジャーで利用可能です。 "ichthyolku"は、世界のどこからでも涼しくて、守ってください。棚寿命 - 5年。

類似体

薬局に薬がないとどうなりますか?現在、イチチオール軟膏と同じ特性を有する多数の製品が存在する。

イチチオール軟膏の使用方法

ちなみに、その価格は同じ制限内で異なります。以下では、最も有名で人気のある薬をリストアップしています。

ヴィシュネフスキーの軟膏 - その組成物のタール、ヒマシ油及びxeroform。この作用はイチチオール軟膏に類似している。彼は栄養不良や角結晶潰瘍を治療し、乾癬、圧痛、凍傷や火傷、リンパ節炎に使用されています。沸騰、膿瘍、膿瘍、膿瘍に有効な優れた消毒薬。

"Fukorcin"。有効成分はマゼンタです。 消毒剤および消毒剤。これは、皮膚および粘膜の感染病変および真菌病変に対して処方される。それは、湿疹、混合油脂性脂漏症の治療において有効である。

メチレンブルー - 消毒剤。それは創傷や傷害を洗うために使用されます。多くの皮膚の発疹(沸騰、げっ歯類)の治療に効果的で、毛包炎があります。

より高価なアナログがあります。例えば:

"イロン" - 消毒して炎症を止める。フルンルル、膿瘍、炭水化物、水腎炎などの病気に適用されます。

「炭疽菌」 - 活性物質 - 尿素。代理人は成人に限り処方されています。甲状腺炎、乾癬、湿疹、脂漏症などのような深刻な疾患であっても、多くの病気の治療においてそれ自体が証明されています。

"サンビリトリン" - 粘膜および皮膚の感染性および真菌性の病変を有する、長時間の治癒の傷を有する者を任命する。彼らは、婦人科、歯科、手術で使用されています。新生児に適しています。

"Eccericide" - 複雑な感染傷を治療するために設計されたソリューション。火傷、化膿性炎症プロセス、栄養性潰瘍の治療に役立ちます。髄膜炎菌感染による除染に適用される。