胃炎や胃潰瘍に最も有効な薬剤

胃潰瘍および胃炎の存在下では、完全な回復のための食事療法に固執する。現代医学では、長期の治療効果をもたらすこれらの疾患の治療に多数の薬物が使用されている。同時に彼らは誰にでも利用可能です。しかし、これらの資金はすべて医師だけが処方することができ、決してあなた自身に書き出すことはできません。多くは、胃炎と胃潰瘍を何に対処するかに関心があります。薬物はこの記事で紹介されます。

胃炎および胃潰瘍治療レジメン

すべての医薬品は、診断と徹底的な健康診断の後にのみ処方されます。

医学の進歩

この分野における最も重要な成果の1つ20世紀の医学は、胃炎や胃潰瘍の発症を誘発するそのような理由の始まりでした。それは、食事、ストレス、神経障害だけでなく、人体に侵入する微生物でもあることが判明しました。 2005年のこの発見のために、オーストラリアのB.マーシャルとR.ウォーレンはノーベル賞を受賞しました。

これら病変の主な原因は、ヘリコバクター・ピロリ(Helicobacter pylori)のような細菌。胃の人に向かって、それは集中的に増殖し始め、次に粘膜を満たす。このような細菌はその破壊に寄与し、後には胃壁にも寄与する。保護層として作用する粘液層の破壊のために患部へのアクセスを得る胃液の組成物中に塩酸の影響下で激化する炎症過程が存在する。したがって、胃炎の発症があり、彼は消化性潰瘍の出発点となりうる。

この病気の他の原因

また、データの開発の他の理由疾患は、このような大量の、ニコチン、誤って飲み込んだ場合には腐食、ならびにウイルス感染症および自己免疫疾患におけるイブプロフェン、アスピリン、および他のNSAID、アルコールなどの胃粘膜刺激物への影響を挙げることができます。潰瘍および胃炎最も効果的な治療法のためには何ですか?

胃炎や胃潰瘍治療薬よりも

今日まで、潰瘍は、もはや外科手術法を必要とする疾患ではなく、ほとんどの場合、胃炎のように、医薬的性質の治療に適している。

これらの病気の発症には同じ因子が主要な役割を果たすので、治療レジメン、ならびに胃炎および潰瘍に使用される薬物は類似している。

ほとんどの場合、これらの疾患の治療には、悪化の阻止と病理の復帰を防ぐ2つの段階が含まれます。

胃炎および胃潰瘍の薬物の主なリストは、2つのグループに分けることができる:

- 酸度を低下させるもの塩酸の中和(すなわち、制酸剤)または胃液(すなわち、分泌停止剤)の産生を阻害することによる、胃内容物;

- 抗菌剤、ヘリコバクターピロリ感染が確認された場合。

胃粘膜の炎症に使用される薬物

胃炎の治療は目的に沿って行われる過塩素酸の胃における排泄の正常化。胃酸の分泌の減少または増加の有無に応じて、医師の任命に依存する。胃炎治療の普遍的な救済策は存在せず、それを発明することはできません。

胃の酸性度を下げると、医師は胃液(天然または人工)を書き出します。それを飲むことは食事中に必要であり、投薬量は非常に厳密に測定される。このジュースには、胃に必要な塩酸、消化を助けるいくつかの酵素があります。

酸度が正常または高い場合、制酸薬が処方されています。最も一般的なのは "Vicair"、 "Rennie"、 "Maalox"、 "Almagel"です。塩酸の排出を阻止する薬剤もよく使用されます。このカテゴリーの薬剤の最も一般的な代表は「ラニチジン」である。

胃炎および胃潰瘍の治療

胃炎および胃潰瘍のための他の薬剤

胃炎は、胃や胸やけの痛みだけでなく、他の症状によっても特徴付けられる。彼の治療法は数多くの薬を使わなければ不可能です。

- 薬物は下痢に対して処方され、蠕動を遅くする:「ロフラチル」、「ロペラミド」。

- "Tserukal"と "Motilium"は嘔吐に対して自分自身であることが証明されています。

- 胃炎の特徴的な症状の1つとして、ガスの形成が増加すると、「エスピミサン」が使用される。

- そのような共通の記号を止めるには痛みのような病気は、最も頻繁に鎮痙剤を処方する:Spazmalgon、Papaverin、No-Shpa。鎮痛剤の中には - 「バラギン」などがあります。多くの専門家は、重篤な副作用を特徴とするため、「アナル」を使用したくありません。胃炎と胃潰瘍からの準備のリストはそこで終わらない。

- 消化を回復させるには、 "Mezim"と書いてください。

- ヘリコバクターピロリ菌は、抗菌剤を使用してその活動を阻止します。

- 休息を確実にするために、母親のチンキー、バレリアン抽出物、および「Phytosed」を含む鎮静剤で患者を治療する。

- 食欲を改善するには、苦味物質を含む薬を処方する。

胃炎や胃潰瘍の他の薬はありますか?

胃炎および胃潰瘍のための製剤

潰瘍に対する薬物

胃潰瘍の治療法は、患者の年齢、および彼の一般的な状態、粘膜の損傷が発生する場所。独立して抗潰瘍薬を処方することはできないことに留意すべきである。テレビで広告を絶えず迫害したり、潰瘍を患っている知り合いに耳を傾けたり、すばらしい薬の助けを借りて治癒することもできます。このような操作は害を及ぼすだけである。 1人の患者に対する胃炎および胃潰瘍および調製物の治療レジメンは完全に適切であるが、他のものはそうではない。

統合アプローチのメリット

抗潰瘍治療の主な原則統合されたアプローチです。これには、胃潰瘍の発症および進行を引き起こすすべての有害な因子の影響を中和する薬物が必要です。

この疾患において所望の治療効果を達成するために、医師は最も頻繁に以下の薬物群を任命する:

  • 抗菌剤。 無視することはできません。なぜなら、それらの影響は、この病気の最も重要な挑発者の1つであるヘリコバクター・ピロリに対するものであるからです。その中には、「メトロニダゾール」、「デノル」および抗生物質群に関連する他の薬物が含まれる。胃炎および胃潰瘍の治療のための製剤は、患者のために個別に選択される。
    潰瘍や胃炎に最も効果的な薬は何ですか?
  • 「オメプラゾール」または「オメス」、「ラベプラゾール」、「ラニチジン」、「ネキシウム」の塩酸の産生に関与する受容体の阻害剤と同様に、
  • 制酸薬は、胃液の酸性度を下げます。彼らの特徴は急速な影響です: "Maalox"、 "Almagel"、 "Fosfalugel"など
  • プロキネティクスは、食物離脱プロセスの促進、嘔吐および悪心の排除に寄与する:Motilium、Cerucal。
  • そのような症状を排除するために、痛みのような鎮痙剤「ノンププ」、「パパデリン」などが処方されていますが、胃炎や胃潰瘍の準備はいつも安全ですか?

自己投薬はどんな害を及ぼすことができますか?

消化管病理の治療はすべきである医師の厳格な監督の下でのみ実施された。彼は適切な薬を処方することができ、その場合、治療コースを修正することができます。自分に薬を処方することはできません。ごくまれに、患者は使用前に薬の使用に関する指示を慎重に読んで、必要な詳細をすべて知ることができません:行動の特徴、適用、可能な禁忌および副作用。最後の患者は、原則として自己治療に注意を払わない。

胃炎および胃潰瘍のための製剤

非常に不健全なレセプションは有害ですスルホンアミド、抗生物質、毒を含む医薬品。彼らは良いのではなく、健康に大きな害をもたらす可能性があります。妊娠中の女性、高齢者および子供は、断定的に自己治癒していません。胃潰瘍のための最良の民間療法については以下で説明します。

民間療法

伝統医学の技法を応用する前に潰瘍や胃炎の治療は、その影響が同時に使用される医薬品の有効性を低下させ、また患者の健康を悪化させる可能性があるため、主治医と相談する必要があります。

潰瘍の治療には非常に有用ですビール酵母の混合物でできています。これを行うには、蜂蜜の2つのティースプーンを混ぜた酵母のティースプーンを取る。 1日以内に製品を注入します。この混合物は空腹時に採取され、新しい部分が作られる。あなたは2週間治療を受ける必要があります。

胃炎および胃潰瘍予防の予防

潰瘍に対して

潰瘍は、ラード、ハニーおよびプロポリスに基づいて調製される。プロポリス30グラムは、ナイフで粉砕し、500グラムの蜂蜜と混ぜて、50グラムのラードをあらかじめ溶かしておいてください。この混合物は冷蔵庫に貯蔵される。各食事の前に10分から15分、1つのテーブルスプーンを消費する必要があります。治療は、疾患の症状を排除するまで続く。

胃炎

胃炎では、新しく絞ったジュースが役立ちますポテトは、胸やけ、痛み、粘膜の回復をなくすのに役立ちます。 1日4回食事の15分前にガラスの1/4の量でそれを飲む必要があります。コースの期間は3週間です。

我々は、胃炎および胃潰瘍の予防ならびに疾患の治療のための薬物を試験した。