組織学の結果の解読:特徴

女性や男性は時には受ける必要があります外科的治療法による。手術中に除去された組織の大部分は、組織学と呼ばれる特別な追加検査に送られます。この分析の結果の解釈については、この記事で説明します。

組織学の結果の解釈

それは何ですか?

デコード前組織学の結果、それが何であるかを知る必要があります。このような詳細な検査の下で、組織レベルでの臓器の状態の徹底的な調査が暗示される。簡単に言えば、人体の一部が診断のために送られます。

結果の組織学的解釈

結果はどれくらいですか?

組織学の結果の解読は、2週間までの期間内に受領された。公的医療機関では、分析は1週間以内に行われます。多くの私立診療所は、数日間、結果として生じる組織を検査することを約束している。そのような組織学は緊急と呼ばれている。そのような研究はそれほど有益ではないかもしれないことは注目に値する。

組織学:結果の解釈

で指定されたデータを分析する前に結論として、患者の状態や苦情に精通しておく価値があります。また、組織学の結果の解釈は、どのような組織が分析のために送られたかによって大きく左右される。

最も一般的な組織学的検査悪性腫瘍の疑いがある人に過ごす。また、この診断は婦人科では非常に一般的です。例えば、掻爬(解読)後の組織学の結果は、子宮腔の可能性のある疾患を示すであろう。凍結された妊娠のために清掃が行われた場合、そのような問題が発生した理由が解読に示される。

組織学の結果を解読することは容易ではありませんプロセス。結論として、医学教育を受けていない人はほとんど何も理解できない。ほとんどすべては、さまざまな用語を使用してラテン語で書かれています。組織採取が公立病院の壁内で行われた場合、結果はすぐに医師に送られます。私立診療所のサービスを利用した場合、組織学の結果は直接手に渡されます。

スクリーピングデコーディング後の組織学の結果

最初のポイント:データ

受信したフォームでは、あなたの個人的なデータ。通常はシートの見出しに表示されます。次に、組織のタイプとそのフェンスの場所が示されます。したがって、子宮頸部組織学の結果を解読するには、次のようなフレーズが含まれます。「子宮頸部と子宮頸管の生検が行われました。これは、医者がこの器官から組織片を取ったことを示唆しています。この物質は、女性の卵巣または乳腺、腎臓または肝臓、心臓または扁桃腺など、絶対に任意の器官から採取することができる。

第二のポイント:研究方法

その後、分析方法が示されます。 これは、緊急の組織学(1時間から2日間続く)または正常な研究(最大10日間)であり得る。この資料を研究するために使用されたソリューションは次のとおりです。

第3のポイント:主な結論

次に、あなたは多くの用語を見ることができますラテン語。多くの患者は、組織学の結果としてより多く書かれれば、悪化すると信じている。しかし、この声明には挑戦することができます。研究室のアシスタントは、特定された組織のすべての名前を詳細に指定します。このように、妊娠していない妊娠の組織学的検査は、子宮内膜、脱落膜組織(胚)、胎盤の一部(既にその時間までに形成されていた場合)の検出について記載する。また、このフィールドには、検出された病理学的プロセスが示される。腸の組織学が行われた場合、ポリープ(良性疾患)、あらゆる種類の嚢胞(悪性または良性の)などの存在に関する記録を見ることができます。

通常、組織学的検査シートには推奨事項はありません。医師は解読した後、自分自身で必要な修正を行い、結論を導き出す。

子宮頸部組織学の結果の解釈

結果を受け取った後

あなたが研究の結果をあなたの手に持っていれば、医者にそれを示すことを開始する価値があります。分析を独立して解読しようとすると、ストレス状態になり、不安が高まることに注意してください。

現在、ほぼすべての組織学的検査の後、治療が処方されている。その持続時間および複雑さは、明らかにされた病状の重症度に直接依存する。

組織学の結果を解読する方法

要約

今、組織学がどのようなもので、どのようにそれを解読する。自己治療は深刻な合併症や予期しない結果につながることを忘れないでください。必ず医師の診察を受けてください。この場合にのみ、あなたの健康を維持することができます。すべてあなたに最高!