子供の体温がどのように狭心症にかかっているか、治療の原因と特徴

赤ちゃんの病気になる最初の症状は通常です熱です。通常、この場合、母親は原因を調べ始め、喉をチェックしたり、咳や寒さの存在をチェックしたりします。あなたが扁桃腺の腫れ、喉の腫れ、腫れが明確に見える場合は、狭心症が始まります。この場合、医師を招待することを遅らせる必要はないので、医師は最適な治療法を指定することができます。親は子供の体温が維持している狭心症のどの程度の温度を知っていなければならず、効果的な助けを提供するために病気の症状や原因の指導を受けなければなりません。そのため、今日、私たちはこれについてより詳しく話をすることにしました。

アンギナでどれくらい子供の体温が保たれているか

正常なパフォーマンス

時々医者は若い両親は子供のことを心配しているので、普通の気温を忘れてしまいます。測定が腋窩で行われる場合、ノルムは36〜37度になります。数字が正常値よりもかなり高い場合は、常に医者を招待し、赤ちゃんの状態を監視する必要があります。子供が若いほど、より頻繁に変更することができます。乳児では、最も軽微な病変でさえ、突然の変動を1日に数回引き起こすことがあります。この場合、診断ははるかに困難です。ほとんどの場合、そのようなジャンプは感染性感染症で観察される。しかし、私たちはその話題から少しずれました。今日、我々は、狭心症における子供の体温がどれくらいであるかについて話したい。

臨床画像

インフルエンザまたはARIが風邪で始まる場合または咳、一般的な衰弱がある場合、急性扁桃炎は常に同じように進行する。この発熱、喉の腫れ、化膿性の形成、異なる局在化。温度計カラムのインジケーターは非常に高くなることがありますが、ほとんどの場合38度です。そして、ここでは、狭心症では子供の体温がどのくらい保たれているかは、病気、免疫、そして正しく任命された治療の形に依存します。

子供の狭心症の体温はどれくらいですか?

子供の体の特徴

両親によって見過ごされることが多いのは何ですか? アンギナが子供の体温をどのくらい保持しているかを推定すると、彼らは自分自身で導かれます。成人では、通常、温度は2〜3日以内に(適切な治療と合併症なしで)合格する。小児では、通常回復が遅れ、母親の経験の対象となります。この場合、動脈疾患を観察する医師は、落ち着くことができ、狭心症の子供の体温がどれくらいかを正確に表すことができます。急性期は最大1週間持続することができ、その後、化膿性形成が咽喉に現れ始め、状態が正常化する。

原因

主治医が最も重要なことは、扁桃炎の原因。このことから、子供の狭心症にどのくらいの温度が保持されるかに直接依存します。細菌とウイルスの両方が狭心症を引き起こす可能性があります。頻繁な病原体は連鎖球菌(streptococci)および他の細菌である。そしてウイルスから、医師はアデノウイルス、ヘルペス、インフルエンザ、ライノウイルスを診断することが最も多い。さらに、発症の原因は低体温、う蝕であり得る。

狭心症児の体温は何日か

温度上昇率

それは、そのような多くの要因に依存します。子供の狭心症の温度はどれくらい保たれますか?医師はいくつかのタイプの扁桃炎を共有しており、それぞれの扁桃炎はそれぞれ異なる方法で現れる。さらに、身体の保護力に応じて、同じ形がそれ自身の特性で起こり得る。

したがって、狭心症の場合、温度の以下の階調を分けることが一般的です:

  • カラムが38度を超えて上昇しない場合、あなたはあまり心配することはできません。それをノックダウンする必要はありません、逆に、その助けを借りて、生物は細菌やウイルスの耐え難い条件を作り出します。人が狭心症を患っている場合、これは理想的な対応です。この間隔で子供の体温が何日間維持されているのか、それは答えるのが難しいですが、通常は5日を超えず、その後症状は正​​常化します。
  • 熱風 - 温度計の柱が39度に上昇したとき。
  • 熱い人は非常に危険な閾値です。温度は40℃に上昇します。あなたが最近持っていた医者であっても、救急車を呼んでください。子供の狭心症におけるそのような温度は、非常に迅速に悲劇的な結果につながる可能性があります。救急車のチームを待っている間、赤ちゃんを取り除き、濡れたタオルで頭を圧縮し、体を室温で水で拭きます。
  • Hyperpyretic温度 - 40度以上。ここでの質問は、生と死に関するものです。
    子供の狭心症で発熱する

喉の種類

通常、検査中の医師は、我々は対処している。これに基づき、狭心症の発熱が持続する日数を予測することができます。読者も考えられるように、主なタイプを見てみましょう:

  • Catarrhal狭心症、付随する喉、痛い感覚と衰弱。人には食欲がなく、筋肉や関節に痛みがあり、頭痛もあります。狭心症のこの形態では、副炎症の温度が38度まで観察される。通常3〜4日間続きます。
  • Lacunar型は急性の化膿性の炎症である扁桃腺の裂孔。赤ちゃんは完全に飲み込むことがたまらなく痛いよう、食べることを拒否します。温度が39度まで上昇し、そして5日にそのようなレベルまでに維持されます。
  • 濾胞性咽頭痛。 最初の症状は衰弱と衰弱です。それから彼らは体の痛みと強い寒さに繋がります。最後に、狭心症で温度が上昇する。どのくらい保持することができますが、検査の後に医師がすぐに、通常4-5日後に救済されます。
  • ヘルペス - 温度は数日間観察されるジャンプで上昇する。
  • 痰 - 膿瘍の膿瘍を発見するまで、咽喉の温度と腫れが続きます。

発熱がアンギナで何日間続くの?

合併症

なぜこの病気は無視できないのでしょうか? それは最も深刻な合併症で脅かすからです。私たちは、典型的には子供の病気は自分自身で行かなければならないと考えるのに使われています。しかし、喉の痛みは経験豊富な医師だけが戦うべき敵です。狭心症後の合併症は、局所的(鼻咽頭の敗北)であり、全身が攻撃を受けている場合に共通し得る。しばしば不適切な治療は、その疾患が慢性になるという事実につながる。局所的な合併症のうち、一般的な症例は、耳炎および痰、喉頭腫脹、膿瘍、アーモンド出血および副鼻腔炎である。

その危険な結果の中にも不適切な治療、気管支炎および肺炎の分泌を背景に生じる。しかしそれだけではありません。開始した扁桃炎は、腎不全、リウマチおよび髄膜炎、敗血症、感染毒性ショックに至る。

アンギナの温度は可能な限り長くすることができます

我々は治療に進む

自己投薬許可されていません。今日、多くの薬局は医師の処方箋なしに薬の販売を拒否しています。これは間違いなく、特に子供たちには当てはまります。狭心症の最初の症状では、様々な方法を含む適切な治療法を指定する必要があります。

  • リンス喉 - なしの必須の任命その回復は時間の経過とともに大きく遅れることになる。これを行うには、様々な民族の構成、ハーブティー、塩、ソーダを使用することができます。薬局には大量の消毒液があります。最も有名なのは "フラチリン"です。
  • 再吸収のためのパスウォークおよび錠剤は、喉の痛みを軽減し、炎症プロセスを除去する素晴らしい方法です。最も人気のある薬剤は、Strepsils、Geksoral、PharyngoseptまたはTabsである。
  • 今日まで、実績のあるスプレー。彼らはすぐに行動し、咽喉腔全体を灌水し、小滴が細菌が隠れる場所に浸透します。子供はしばしば "葬儀"に任命される。
  • 体の免疫力を維持することは非常に重要です。つまり、ビタミンミネラル複合体を服用することは非常に便利です。
  • 免疫調節剤は、狭心症の治療において重要であるが、それらは疾患の最初の症状でのみ服用されるべきである。これらは「Viferon」、「Groprinosin」およびその類縁体である。
  • 時々、医師は浮腫を避けるために抗ヒスタミン剤を子供に処方する。彼らはFinistil、Suprastinです。
    アンギナの温度は、どのくらいの保持力とどのようにダウンさせるかです

抗生物質処方

子供が高い場合はしばしば使用されます狭心症を伴う温度。保留数と方法を減らすには、すでに話しましたが、1週間が過ぎて地元の準備、すすぎ、冷たい圧縮が助けられなかった場合は、さらに深刻な薬を接続する必要があります。原因はほとんどの場合バクテリアであるため、抗生物質に頼らざるを得ません。正しい薬を服用することは、豊富な経験を持つ医師にしかできません。この場合、温度は2日目に低下するはずです。子供はシロップやサスペンションの形で薬を処方されています。温度が下がった場合、これは薬物を取り消すべきではありません。コースは7-10日以上です。

応急処置

これらは温度を下げるための薬です。 最初は覚えておかなければなりませんが、治療効果はありませんが、一時的に体温を下げるだけです。温度が38度以上に上昇した場合にのみ適用してください。このために、「イブプロフェン」または「パラセタモール」に基づくろうそく、懸濁液またはシロップが最も頻繁に使用される。解熱鎮痛剤は狭心症の基本的治療の必要性を排除しない。