Lopaz plus:命令、アナログ、推奨事項

今日、絶対に異なる多くの高血圧の治療薬。それらの各々はそれ自身の特徴を有し、それらの患者または他のカテゴリーの患者に推奨される。しかし、専門家がいろいろな人にますます処方されるような薬があります。医師はこの薬の品質、その幅広い適用の可能性に自信を持っています。この薬は "Lozap plus"と呼ばれ、併用療法です。国際薬理学では、この薬は「ロサルタン+ヒドロクロロチアジド」として知られています。

"Lopaz plus"という薬の使用は何ですか?この指示書は、高血圧(高血圧)の治療にこの薬の使用を推奨しています。

薬剤は、コーティングされた錠剤であるシェル。その活性物質は、ロサルタンカリウムおよびヒドロクロロチアジドである。第1のものはアンジオテンシンIIの遮断薬として作用し、第2のものは利尿薬として作用する。これらの物質は一緒になって、薬物「Lozap plus」を軽度の降圧薬(圧力降下薬)にする。主に高齢の患者や常に高血圧の人々に示されています。

ほとんどの場合、推奨用量は錠剤です1日あたり特に重篤な症例では、1日2錠を服用することができます。薬物「Lozap plus」の最大限かつ持続的な行動は、体系的治療の開始後3週間を約束する。

すべての錠剤と同様に、この薬は多くの禁忌。 「Lozap plus」の薬は、母乳育児の女性、妊婦、肝臓や腎臓の障害のある患者には適用されません。低体温(血液量の減少)および多くの利尿薬を摂取する人々に苦しむ人々には禁忌である。無尿症(排尿の欠如)にも苦しんでいるが、「ロパズプラス」という薬を飲むことはできない。

薬への指示はそれを警告する錠剤は、副作用を持つことができます。これは、血管浮腫、顔や首、めまい、圧力があまりにも急激な低下であってもよいです。排尿、頻脈の発生を増大させることができます。

治療の利点は、薬 "Lozapプラス"の可能性のある側の望ましくない影響を超えて、医師からのアドバイスなしで、これを主張し、医学は取ることができません。

薬物はやややわらかく作用するので、高齢者は個々の用量を選択されます:通常、薬への指示に十分な推奨。さらに、他の利尿薬および降圧薬と併用することもできます。しかし、それを行うことは非常に慎重です。同時にいくつかの薬物を服用すると、血漿中の尿素およびクレアチニンの量が増加し、特に腎臓病の人では増加する可能性があります。さらに、共同投与の背景に対して、コレステロール、高尿酸血症(血液中の尿酸過剰)、痛風の増加があるかもしれない。

これらの不快な現象は、再び、薬剤「ロパズプラス」が医師の徹底的な検査の後にのみ摂取されることを認めている。

一般的に、この薬は血圧をよく下げ、長期間にわたり治癒効果を保ちます。

薬「ロパズプラス」は、チェコ共和国には類似品があります。これらは同じような効果を持ちますが、他の国でも発売されています。英国ではGizaar forte、スロベニアではLorista N、アイスランドではVazotens Nが生産されています。

これらすべての薬物の活性物質は同じロサルタンカリウムである。

これらの薬はすべて価格が異なるため、大都市の薬局では、医師が処方した薬剤の代わりに、より安価なアナログを推薦することができます。原則として、そのような交換は禁止されていません。しかし、代理店やアナログを購入する前に、少なくとも電話で相談する医師と相談する必要があります。

上記アナログのすべて「ロパズプラス」の薬はほぼ同じで、病気の「セット」が異なる人々に異なる影響を与えることができます。主治医のみが患者の特徴を知っているので、薬剤選択の最後の言葉は彼のために残る。